MENU

工事が不要なネット回線はコラボレーションモデル・WIMAX

 

「仕事が多忙で立ち合いが面倒」
「自宅に他人が入ってくるのがイヤ!」

 

というあなたへ!
工事不要でネットを使うなら2つの回線しかないです。

 

  • @コラボレーションモデル(※フレッツ光利用者限定)
  • AWIMAX

 

の2回線です。

 

 

コラボレーション系

 

フレッツ光を利用している場合、工事不要で、そのままの機器で簡単な手続きで他社へ乗り換えができます。

 

【有名なコラボレーションモデル】

 

  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

 

ちなみに、auひかりはコラボモデルではなく、工事は必須です。

 

 

モバイルルーター系

 

ポケットやバックに手軽に入る、WIMAXルーターがおすすめです。

 

  • 工事不要
  • 最短!当日発送
  • 届いたら、すぐに使える

 

自宅だけでなく、外出先でも手軽に使えるため、固定回線を卒業して、WIMAXにする人が増えています。

 

※大容量の動画をがんがん視聴する人向けではないです。

 

 

おすすめネットランキング(※wifi系)

 

 

トクトクBB
月額 3,609円(通常)/4,263円(ギガ放題)
評価 評価5
キャンペーン

最大33,000円のキャッシュバック

キャンペーン受け取り

端末受け取り月から11ヶ月目
※メール連絡

支払い方法 クレジットカード限定
GMOトクトクの総評

キャッシュバック額が業界最高値の30,000円! と他を圧倒するほどの激熱!
「私は絶対にキャッシュバック額が高いのがいい!」という方に最適です。

 

弱点は「サポートが弱い」というイマイチな面があり、
支払い方法はクレジットカード限定です。

 

【公式サイト】

 

>>【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円〜で使えて、最大32,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

 

 

おすすめネットランキング(※コラボ)

 

ソフトバンク光

 



 

【ソフトバンク光】

  • NTTフレッツ回線がアパートで利用可能
  • ソフトバンクのスマホ・ガラケーを持っている

 

であれば、ソフトバンク光がおすすめです!

 

【キャッシュバック】

  • 新規回線:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • キャッシュバックは電話案内時!
  • 開通後:最短2か月〜で振込

 

ソフトバンクから表彰状を授与された株式会社NEXT。

 

キャッシュバックが多い&信頼性が抜群なので、イチオシです!

 

>>SoftBank光なら【SoftBank光.net】

 

 

ドコモ光

 

 

 



 

  • Dポイント10,000〜20,000円分
  • キャッシュバック5700円
  • 15000円相当のWi−Fiルーター

 

キャッシュバックは新規:5,500円 転用:5000円です。

 

ソフトバンク光同様、フレッツ光が利用できれば、ドコモ光はどこでも利用できます。

 

【ドコモ光が向いている人】

  • ドコモスマホを複数持っている人

 

>>GMOとくとくBBのドコモ光 お得なキャンペーン実施中!

 

 

 

 

WEBについてのQ&A

 

WEBネット回線

 

wimax回線のメリットとデメリット

 

wimaxは、高速のインターネット回線としても知られています。

 

無線を利用しているので、さまざまな場所におけるメリットがあります。

 

家の中で使う場合にも、モジュラージャックの場所などを気にしなくてはならないケースがあるのですが、無線を利用するwimax回線は場所を気にせずにすみ、移動することも可能です。

 

小型のルーターを利用しているため、室内だけでなく外出中も使えるので、高速回線を外に持ち歩くこともできます。

 

wimax回線を利用するときにも、面倒な工事の必要もなくて、契約をして機材をレンタルすればすぐに利用できます。

 

パソコンやスマートフォン、タブレットにも利用できるので、回線を一つにまとめるメリットもあります。

 

wimax回線のデメリットは無線を利用していることで、有線のものと比べても不安定です。

 

無線を使っているので障害物に弱く、周りに壁がある場合には速度が低下をしたり、繋がらないケースも出てきます。

 

その他にもwimax回線を利用しすぎると、速度制限が入ることもあります。

 

動画のダウンロードやストリーミング再生は多くの容量を使うので、
動画を見ているヘビーユーザーの場合には、回線を制限される恐れがあります。

 

 

自宅のネット回線が安定しない!その理由とは?

 

ネット回線が最近妙に安定しない、そう感じている方々が増えてきているようです。

 

その理由として考えられるのが、電波の混線です。最近ではどの家庭にも無線Wi-Fiのルーターが設置されています。

 

更に以前はデスクトップPCが家庭にあれば十分でしたが、今では家族一人一人が自分用のネット端末を所有しており、一家に複数台のネット回線を使う端末があります。

 

そしてご近所同士の距離がとても近いアパートやマンションでは、しばしば隣近所の無線ルーターとの電波干渉が起きています。

 

ルーターやプロバイダのネット回線自体にトラブルは見当たらないのになぜか安定しない、このケースの理由は電波干渉が大半です。

 

 

また家庭の中に電子レンジなど、強い電磁波を放つ製品がある場合も、ネット回線は不安定になります。

 

電子レンジの場合、あくまで利用中に限り、強い電磁波を放ちますが、食べ物や飲み物を温めている時間中は、周辺の電波環境が著しく悪くなります。

 

自室ではネットサーフィンがサクサクなのに、リビングやキッチンではなぜか安定しない、この場合の理由はおそらく電子レンジ利用による電波障害です。

 

対策は電子レンジから距離を取る他ありませんが、原因がはっきりしているため、不安に感じる必要はありません。

 

 

wimax VS 光回線@違いはなに?

 

wimaxと光回線には、いくつかの違いがあります。

 

一番大きな違いは、ネットへの接続の仕方です。wimaxの場合は、無線でインターネットに接続します。

 

光回線は、実際の物理的な線を使って、接続します。wimaxの方は無線を使うので、複雑な配線は必要ありません。

 

プロバイダーからルーターが送られてきたら、すぐにネットにつながるようになります。

 

ネットにつなぐために、いくつかの設定をしなければなりませんが、これは難しいものではありません。マニュアルを読めば、どんな人でもできます。

 

光回線の方は、ネットにつなぐために工事をしなければなりません。

 

外部から家の中に回線を引きこむ工事が主なものになります。これは自分ですることはできません。

 

プロバイダーが派遣する業者が、それを担当します。面倒な工事ではないのですが、1時間ぐらいかかります。また家の壁に穴を開けなければならないことがあります。

 

回線の安定度は、光の方が高いです。線を使って、物理的にネットに接続しているので、
その接続が途切れることはめったにありません。災害時などに途切れるだけです。

 

wimaxの方は、無線なのでネットの接続がやや不安定になることがあります。

 

 

wiMAX2+3つのモードの説明します!

 

無線インターネット接続のwiMAX2+には、通信方式に3つのモードあります。

 

それでは、3つのモードにどんな違いがあるのか説明しましょう。

 

最初にノーリミットモードを見てみましょう。
これは、wiMAXの古いサービスで使われていた通信モードです。このモードは通信制限がありませんが、
通信速度が下り最大10Mbps程度と他の通信モードより遅くなります。

 

また、この通信モードを使える端末は限られています。また、この通信モードでのサービスは近いうちになくなるそうです。

 

次にハイスピードモードです。
この通信モードはwiMAX2+の標準で、下り最大440Mbpsです。

 

ただし、契約によっては、使用容量がオーバーしますと通信速度は極端に遅くなります。

 

また、容量無制限の契約でも、一定期間に一定の通信容量を超えますと、通信速度が数Mbpsに落ちます。

 

最後がハイスピードプラスエリアモードです。こちらは、上記のハイスピードモードに加えて、
オプションでauの4GLTE(800MHz)も使える通信モードです。

 

auの通信エリアが広いことから、wiMAXの電波の届かないところでも使えるメリットがあります。

 

ただし、このオプションが使えるのは対応する端末に限られます。